好きなことだから頑張れる

大変なことも多いけどやりがいはある!

花屋アルバイトの実際

よくドラマなどでキャストの職業として多く扱われるひとつとして花屋があげられます。美男美女の勤め先、アルバイト先にはもってこいなのでしょうか。しかし花屋のアルバイトは花のように美しいだけの職場ではありません。例えれば美しく泳ぐ白鳥の足の部分でしょうか、優雅に泳ぐ白鳥の足はもの凄い勢いで回転しています。もちろん白鳥は花、人間が足です。まず、お花を扱う所で働きたい人はある程度草花に興味のある人だと思います。働き始めて花の名前や手入れの仕方を覚えられるか心配になりますが、そこは花に囲まれたお店ですから自然に覚えていくものです。しかし、接客メインなので図鑑を見るなど勉強も必要です。大変な事と言えば生花の管理です。花がイキイキと暮らせる環境にしますので冷房や暖房は入りません。自然の中で管理していかなければなりません。特に冬の冷たい水での作業は大変です。水が入ったバケツや鉢に入った花、大量の苗は重いもので力仕事も多い職場といえます。冷暖房が入らない、重労働となると「オシャレを楽しみながら働きたい」方には不向きかもしれません。メイクやネイルなんてすぐ剥がれます。しかし、生花アレンジや花束を作って渡した時のお客さんの喜ぶ顔や世話をした花を喜んで買っていくお客さんの姿は何事にも変えがたい達成感があります。どの仕事も大変な事はあります。花屋も想像以上に大変な職業と言えます。ですが続けていけば、アルバイトでも必ずフラワーアレンジメントの技術は上がりますし、やりがいのある仕事と言えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です